学校心理士[カウンセラーの資格]

◆学校心理士とは
 学校心理士は学校心理士認定運営機構が認定する資格で、学校生活におけるさまざまな問題について、カウンセリングなどによる子どもへの直接的援助を行うとともに、子どもを取り巻く保護者や教師、学校に対しても、「学校心理学」の専門的知識と技能をもって、心理教育的援助サービスを行うことを目的としています。

◆学校心理士の活躍する場
 幼小中高等学校、特別支援学校などの教育現場で活躍している人が多く、教育委員会、教育センター、教育相談所で活躍している人や、教育委員会の依頼を受けて、相談業務に従事している人もいます。

◆申請条件
 以下の類型のいずれかを満たす方が申請することができます。
◎類型1
(1)教員職員専修免許状を持ち、大学院の修士課程において、学校心理学に関する所定の7科目14単位以上修得し、その専修免許状に「学校心理学」が付記され、かつ、1年以上の学校心理学に関する専門的実務経験を有する人。
(2)大学院修士課程において、学校心理学に関する所定7科目14単位以上を修得し、1年以上の学校心理学に関する専門的実務経験を有する人。
(3)大学院在学中の人は、特例として、次の要件を満たしている場合に、「大学院修士課程修了見込み」として申請することができます。
 1)申請時までに、学校心理学に関する所定の7科目の内、5科目10単位以上を修得していること。
 2)第1の要件を満たした後、大学院入学後に1年以上の専門的実務経験を行うこと。但し、教員等の場合には、大学院入学直前5年間の学校心理学に関する専門的実務経験を当てることができる。
 3)大学院修了までに残りの科目と単位の修得が予定されていること。
◎類型2
 教員(幼・小・中・高校、特別支援学校、特別支援学級)または各学校の養護教諭として教育活動に従事するとともに、学校心理学に関する専門的実務経験が5年以上ある人。
◎類型3
 教育委員会、教育研究所、教育相談所、児童相談所等の専門機関で教育相談員などの専門職として、その仕事に5年以上の専門的実務経験がある人。
 *但し、大学院修士課程で「学校心理学」の7科目のうち4科目以上修得・修了した人は、上記専門機関において2年以上の専門的実務経験があれば申請できます。
◎類型4
 大学(短期大学含む)、大学院で、学校心理学関連の授業科目を担当または実習指導(専門的実務経験)をしており、かつ学校心理学に関する十分な研究実績(5編以上)がある人。専門的実務経験の必要年数は、類型3に準じます。
◎類型5
 外国の大学院等において、学校心理学の専門的教育を受けた人。

◆資格認定団体
 学会連合資格「学校心理士」認定運営機構
 〒113-0033 東京都文京区本郷2-11-7第1谷口ビル5F
 TEL:03-3818-1554 FAX:03-3818-1588
 http://gakkoushinrishi.jp/