教育カウンセラー[カウンセラーの資格]


 ◆教育カウンセラーとは
  教育カウンセラーの資格は日本教育カウンセラー協会認定する資格です。
  知識・技能・経験などに応じて、初級・中級・上級の3種類あり、下記のように定義されています。
  • 初級教育カウンセラー=日常の教育活動に教育カウンセリングの考え方や技術を活用することができる教育者
  • 中級教育カウンセラー=学校や職場で,ガイダンス・カウンセリングのリーダーとして活動できる教育者
  • 上級教育カウンセラー=専門性を生かし,研修会等で講師あるいはスーパーバイザーとして他の人の指導にあたることができる教育者

◆認定要件
◎初級教育カウンセラー
1.教育カウンセラー養成講座(または準ずる講座)を修了している
2.相談・援助に関係する実践歴が2年以上
3.認定申請自己評価票の総合点が11ポイント以上
4.初級教育カウンセラー標準カリキュラムの内容に習熟し、認定試験に合格している

◎中級教育カウンセラー
1.相談・援助に関係する実践歴が5年以上(または、教育学・心理学・医学・社会福祉学等、関連領域における修士以上の学位)
2.認定申請自己評価票の総合点が21ポイント以上
3.中級教育カウンセラー標準プログラムの内容に習熟し、認定試験に合格している
(1) 受験資格
 Tスーパービジョンの記録が最低1ケース以上あり、記録票を提出済みまたはできる
 U著作物を1編提出済みまたはできる者(発表済・未発表のいずれでもかまわない)
(2) 試験内容
 T筆記試験(初級・中級テキスト内容)
 U面接技法に関するロールプレイ・個別口頭試験

◎上級教育カウンセラー
1.相談・援助に関係する実践歴が7年以上(または、教育学・心理学・医学・社会福祉学等、関連領域における修士以上の学位)
2.認定申請自己評価票の総合点29ポイント以上、研究歴または講師歴4ポイント以上
3.上級教育カウンセラー標準カリキュラムの内容に習熟し、認定試験に合格している
(1) 受験資格
 Tスーパービジョンの記録が最低2ケース以上あり、記録票を提出済みまたはできる
 U研究論文を2編提出できる(学会、研究会など公式の場での発表に限る)
(2) 試験内容
 T筆記試験(初級・中級・上級テキスト内容)
 Uスーパービジョンに関する論述試験
 Vリーダーシップに関する実技・口頭試験

◆資格認定団体
 特定非営利活動法人 日本教育カウンセラー協会
 〒112-0012 東京都文京区大塚3-2-1
 TEL:FAX 03-3941-8049
 http://www.jeca.gr.jp/