心理相談員[カウンセラーの資格]

◆心理相談員とは
 心理相談員は、中央労働災害防止協会(中災防)の心理相談専門研修(心理相談員養成研修)を受講することで登録される資格で、厚生労働省が推進するトータルヘルスプロモーションプラン(THP)のスタッフの一員として指定されています。
 THPとは、職場のすべての労働者を対象に心身両面の健康維持・増進を図ることを目的とし、事業者にその努力義務を課したものです。職場でこれを実践するスタッフとして、心理相談担当者もその一員となっています。

◆心理相談専門研修の受講資格

  1. 学校教育法による大学(原則として4年制)において、心理系(認定心理士取得可能レベル)、社会福祉系、保健系の正規の学科を修めて卒業した方
  2. 運動指導専門研修又はヘルスケア・トレーナー養成研修を修了した方
  3. 保健師の資格をお持ちの方
  4. 看護師の資格をお持ちの方で健康に関する面接又は相談の経験を1年以上有する方
  5. 助産師の資格をお持ちの方で健康に関する面接又は相談の経験を1年以上有する方
  6. (1)精神保健福祉士 (2)臨床心理士 (3)認定心理士 (4)産業カウンセラー (5)社会福祉士
  7. (6)「ヘルス・リスナー技法研修」修了後、健康に関する面接又は相談の経験を3年以上有している方
  8. (6)の研修修了後「メンタル関連セミナー」「メンタルヘルス専門講座」を2年間の内に5講座以上受講し、健康に関する面接又は相談の経験を2年以上有している方
  9. (7)「メンタルヘルス対策総合セミナー」及び「管理監督者セミナー」修了後、健康に関する面接又は相談の経験を3年以上有している方

◆心理相談専門研修の内容
 研修は3日間にわたり行なわれます。
 職場のメンタルヘルス対策に必要な知識を学ぶとともに、心身両面に配慮した健康づくりについて理解します。
 働く人のストレスに対する気づきの援助やリラクセーションの指導を中心としたメンタルヘルス教育や、 相談対応に必要な技法を体験します。

◆資格認定団体
 中央労働災害防止協会 健康確保推進部
 〒108-0014 東京都港区芝5-35-1
 TEL 03-3452-2517
 http://www.jisha.or.jp/